2017/04/18

 4月16日(日)、秋田青年会議所4月例会として、サケの稚魚放流事業を秋田市添川飛島田・旭川河川敷にて開催いたしました。
 直前までの天気予報に反して当日は雨に降られることはありませんでしたが、旭川の水位が例年以上に高く、川岸での稚魚放流は危険と判断されました。そのため、今年は河川敷公園の縁からビニールシートを水面まで渡して、「ウォータースライダー放流」という新たな設えを敢行いたしました。
 一風変わった形式でしたが、子どもたちには「滑り台が楽しそう」などと好評でした。バケツから放たれた水の流れに逆らう稚魚の力強さや、川に合流してから悠々と水中に泳いでいく魚群の姿に、子どもたちの歓声の絶えないひとときでした。

 また、当日は生きた川魚を手で触ることのできる「ふれあいブース」や、サケ鍋を振る舞う「実食ブース」を設け、あきたの豊かな自然の恵みと命の大切さを参加者に感じていただくための新たな試みを実施しました。

 今年度も多くの皆様にご来場いただき、誠にありがとうございました!

この度、公益社団法人秋田青年会議所では、下記の通り5月例会を開催いたします。


(画像をクリックすると、大きい画像ファイルが開きます)

『大人が変われば子供も変わる ~学ぼう!!子供との関わり方~』
をテーマに、青少年の健全な育成を目的とする事業を開催いたします。

当日は講師に一般社団法人セイルオンジャパン 代表理事 奥 真由美(おく まゆみ)氏をお招きして、過保護や過干渉による子供への影響を学び、現場教師として不
登校の生徒と無人島で生活をし、生きるための経験をして子供たちがどうのように変わったのか。次代を担う子供たちが現代社会で、自ら考え自立していくために、大人
として子供たちとどのように向き合っていかなければならないかをご講演していただきます。

参加者が過保護や過干渉による子供への影響や自立していくための関わり方を学び、子育てを見つめ直す機会としたいと思っております。
世代を超えて様々な方に聞いていただきたいと思っておりますので、ぜひ当例会へご来場いただきますようよろしくお願いいたします。

日 時:2017年5月16日(火) 19:00~20:30
場 所:秋田市にぎわい交流館AU 2階 展示ホール
      秋田市中通一丁目4番1号
      TEL 018-853-1133
お問い合せ先:公益社団法人 秋田青年会議所
        秋田市山王2丁目1-54 三交ビル3F
        TEL 018-824-7070 FAX 018-824-7071
       【担当】自立した青少年育成委員会 委員長 船木 祐

氏名

会社名

年齢

電話番号

メールアドレス

秋田青年会議所5月例会参加人数

定員(100名)に達した場合はお断りのご連絡をさせていただくことがございます。
予めご了承ください。

題名(※ご入力は不要です)

ご登録いただいた個人情報はご本人の許可なく第三者に提供することはございません。この行事のご案内のみ使用させていただきます。